fromScriptToScript

シナリオライターからプログラマーになった人のブログ。要するにずっとスクリプト。

OSSのCUIアプリをつくろう! 〜第1回〜 準備編その1

唐突に何をはじめるのか

最近、業務で使っているJavaとは別にRubyの勉強をしている。
基本的にはRubyのベンダー資格であるRuby Association Certified Ruby Programmer SilverとGoldをとろうとシコシコpryで遊んでいるのだが、どうも効率が悪い。
「せっかくだから何か簡単に出来て面白くてためになる(キャリア的にも私生活的にも)ものを作ろう!」
と思い立ったのがことの始まりである。

何を作るか

大体次のようなものを想定している。以下要件定義とも言えないレベルの落書き。

概要

 エビデンスの自動生成アプリ。
 rubyで特定のディレクトリ内の画像ファイル+csvをカタカタッターン読み込むと、
 しゅびびっとHTMLで自動的に印刷対応したイケてる帳票を生成する。
 なんでHTMLで帳票作るのかは以下参考↓
qiita.com
 成果物はgithubにうpして偉大なベテランプログラマーに方々に袋叩きに推敲してもらう。

アプリの目的

日本からエクセルでエビデンスを取る文化を放逐する
いやもう、語ると長くなるんですけどね。
エクセルで画像管理するのが本当に嫌。
エクセル方眼紙文化について詳しく知らない幸せな方はこちら↓を見てください。

Excel方眼紙とスクショペタペタエビデンスのあるシステム開発の現場とは? - Tbpgr Blog

本当に業界の闇だと思う

2016/10/24 20:19

そのうちこれについては個別記事書こうかなーと思ってます。
あとはまあ、完成品をピボットさせるといろいろ使い回しできるんじゃないかと妄想中。

詳細

言語とかライブラリ入りとか

Ruby(2.1.6)の組み込み+添付ライブラリを中心に使います。
といってもhtmlの生成とFileI/Oくらいな気がします。あとCVSの読み込みとディレクトリ操作。
最新の2.3系列じゃないのは試験対策兼ねてる関係。

なぜCUI(コンソールユーザーインターフェース)なのか?

とりあえず使うのは技術者だろうから、GUIにせんでもええやろという考え。

なぜOSSオープンソース・ソフトウェア)にするのか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SOFT SKILLS [ ジョン・Z.ソンメズ ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2016/10/24時点)


↑この本に「OSSでPGムラに貢献しとくといいよ」って書いてあったから。
むちゃくちゃいい本なので、ぜひこのアフィリエイトリンクから買って読んでみてください。

あとは自分の「逃げ」対策。
基本的に意思薄弱なので、成果物を公開し続けてればある程度はモチベも持つんじゃないかと。ブログもその一環ですな。

タイトル

ろくに仕様も切ってませんが、名称だけはもう決まってます。

ShrimpShrinker
です。
エビ(デンス)を包むシュリンカー(本屋の立ち読み防止用のフィルムを貼る奴)なので。最近職場でエビデンスを「エビ、エビ……」と略して騒ぐおっちゃんが居て思いつきました。ダジャレ。


ルール

  • ポモロードテクニックをしっかり使って生産性を高める。
  • 毎週日曜日に進捗をブログに書く。その際、費やしたポモロード数をカウントして効果測定する。
  • Rubyの学習」が第一目的なので、おまじない(意味もわからないコマンドを叩くこと)をしない。
  • 無理やり続けようとすると続かないので、疲れてる日は休む。戦略的にだらだらやる。

今後の予定

今週日曜日までに周辺仕様の洗い出し+完成までのロードマップ書きます。
あとはgithubリポジトリ作ってわちゃわちゃできてれば目標達成ということで。
上記試験勉強やらその他回してるプロジェクトやらなんやらもあるので、まあ無理のない範囲で。戦略的だらだら。